MENU

コーヒーの泡はおいしさの証だった!自宅で簡単に泡立てる方法も解説

2019 12/03
コーヒーの泡はおいしさの証だった!自宅で簡単に泡立てる方法も解説

カフェやお気に入りのお店で飲むコーヒー、表面に浮かぶ泡とおいしさの関係について疑問に思っていませんか?

実はこのコーヒーの泡は、豆の鮮度やおいしさを推し量る上でとても役立つものです。

そこで今回は、コーヒーの泡ができる理由やおいしさにつながる意味や、自宅でもできる泡コーヒーの作り方もご紹介します。

コーヒーの泡について理解して、今よりもおいしいコーヒーを楽しみましょう。

目次

コーヒーの泡はおいしさの証!名前や泡ができる理由

コーヒーの泡は、おいしさの証とも言われています。

なぜなら、コーヒーの泡は鮮度が高くないと出にくいためです。

つまりコーヒーの泡がよく出るということは、それだけ新鮮な豆を使っている証となるでしょう。

コーヒー豆は生鮮品と呼ばれるほど時間経過に弱く、焙煎直後から徐々に「炭酸ガス」が抜けていきます。

新鮮なコーヒー豆は多く「炭酸ガス」を含んでおり、コーヒーを抽出する際に豆から放出されて泡となるのです。

ちなみに、エスプレッソ用語では表面にできるクリーミーな泡を「クレマ」と呼びます。

エスプレッソとドリップでは泡の種類が違うので、こちらは次の項目で見ていきましょう。

ドリップとエスプレッソで違う泡立ち

ドリップコーヒーとエスプレッソコーヒーでは、泡立ち方が違います。

ドリップコーヒーは、紙のフィルターを使ってコーヒーを抽出する方式です。

コーヒーを入れると聞いたときに多くの人がイメージする、マグカップの上に取手付きのドリッパーを乗せて上からお湯を落とすやり方となります。

ドリップコーヒーは豆をミルで粉砕し、お湯を注ぐときに「炭酸ガス」が豆全体を膨らませながら泡を作り出すのです。

新鮮な豆だからこそ出るものですが、フィルターにろ過されてしまうため飲むときにカップ内で泡を楽しむことはできません。

エスプレッソは豆に圧力をかけ、一気にコーヒー成分を抽出する方式です。

このとき、コーヒーオイルが乳化します。

そして炭酸ガスと混ざり合って、クレマという泡が出来上がるのです。

もちろん新鮮なコーヒーのオイルが必須で、きれいな泡はおいしさとも結びつきます。

コーヒーの泡はおいしい?実は残っていてほしい存在!

ここまで見ていただければ、エスプレッソの泡とドリップの泡は違うことがわかるでしょう。

実はどちらの方式でも、コーヒーの泡は残っておいてほしい存在なのです。

ドリップコーヒーではおいしさの証として豆が膨らみ、泡が出ます。

しかし同時に、雑味なども吸着して泡となるのです。

なので、泡をすくって味を確かめてもおいしくないですし、抽出時に泡が消えるようお湯を注いでも雑味が一緒にろ過されてしまいます。

したがって、ドリップコーヒーの泡はカップに注がれるコーヒーを美味しくする役割です。

エスプレッソはマシンで抽出した際に、そのままコーヒー表面にきめ細かな泡が出るでしょう。

泡だけすくって飲むと苦味があり、単体ではおいしいと言いにくい側面があります。

エスプレッソの泡には2つ効果があり、1つはコーヒーの香りが飛ぶのを防いでくれる効果。

もう1つは口当たりをまろやかにしてくれる効果です。

したがって、エスプレッソの場合、泡を残しながら共に味わうのが良いでしょう。

自宅でも手軽に泡立ちコーヒーを飲みたい!どんな方法がある?

「コーヒーの泡がおいしいのはわかったけれど、手軽に楽しめる方法はないの?」と、気になる方もいるでしょう。

いきなりミルやドリッパーなどの道具を揃え、豆を産地からこだわったりマシンを購入したりするのはハードルが高いです。

それなら、身近なコンビニでも手に入るインスタントコーヒーを使った泡立ちコーヒーを試してみるのはいかがでしょうか。

インスタントコーヒーと言えばお湯に溶かすだけなので、普段飲むお店のコーヒーに劣るものというイメージがあるかもしれません。

しかし泡を作るだけで、劇的に味の変化が楽しめます。

本格的な道具を揃える前に、まずは試してみましょう。

今回は、アイスラテとホットコーヒー、カフェラテの作り方をそれぞれ見ていきます。

インスタントコーヒーを使った泡までおいしいふわふわアイスラテ

1つ目は、ギリシャ風アイスコーヒー・フラッペとも呼ばれ、インスタントコーヒーを使った泡もおいしく楽しめるアイスコーヒーです。

使うものはシェイカー(なければペットボトルでもOK)と、以下になります。

  1. インスタントコーヒー:小さじ2杯
  2. 砂糖:お好みで
  3. 水:40~50cc
  4. 牛乳:150cc

まず、インスタントコーヒーはスプレードライタイプを使用してください。フリーズドライタイプは泡立ちが悪いです。

準備ができたら、インスタントコーヒーと砂糖、水を入れてシェイカーorペットボトルで泡立つまで振ります。

水を入れすぎると泡が多くなりすぎるので要注意です。

泡立ったら、牛乳を注いで完成。簡単に泡まで楽しめるラテが出来上がります。

アイスラテで楽しむ場合は泡立った段階で氷をいれると美味しく飲めるでしょう。

ちなみに、ホットで楽しみたい場合は温めた牛乳を使用すればOKです。

まるで抹茶風?ホットでまろやかに楽しむインスタントコーヒー

茶筅(ちゃせん)という道具を使うと効率よくインスタントコーヒーを泡立てることができます。

ノーブランド品の茶筅でしたらAmazonなどの通販サイトで約400円と、お安く手に入れることが可能です。

そんな茶筅を使っても泡が美味しいコーヒーを入れることができます。

準備するものは以下の通りです。

  1. インスタントコーヒー:小さじ2杯
  2. お湯:80cc

こちらもスプレードライのインスタントコーヒーを使用してください。

まずコップや茶碗に茶筅をいれ、お湯で温めます。

茶筅は温めないと竹が折れるおそれがあるため、必ず温めて使いましょう。

温まったらお湯を捨て、インスタントコーヒーを入れてお湯を注ぎ茶筅で泡立てていきます。

泡立て方としては、最初は手首のスナップを利かせて細かくMの字を書くように。

泡立ってきたら円を描くようにして完成です。

そのままストレートに飲むのも、ミルクを入れるのも楽しめます。

茶筅の代用品として、小さい泡立て器を使ってもOKです。

泡立て器を使うときは、手のひらではさんでくるくる回しましょう。

泡プレッソを使った本格的なふわふわカフェラテ

泡プレッソとは、マグカップと泡立て器がセットになった商品です。

インスタントコーヒーでおいしく泡立てる専用品のため、使い勝手も泡の質も上質そのもの。

マグカップの大きさに沿った泡立て器で、きめ細かいクリーミーな泡が簡単に作れます。

また、インスタントコーヒーだけではなくミルクや豆乳にも使用可能です。

ソイラテ、抹茶ミルク、ココアなども手軽に泡立てられるのは大きな利点でしょう。

お値段としてもマグカップとセットで1000円ほどのため、お試しとして購入するなら手が出しやすい金額です。

専用の道具を買うことに抵抗がないなら、試してみると良いでしょう。

ミルクの泡がおいしい!カフェラテを自宅で泡立てる方法

お店で飲むカフェラテは、とてもミルクがクリーミーでおいしいです。

このミルクフォームを自宅でも再現できたら、ちょっとリッチな気分になれるでしょう。

お店のミルクはマシンを使っていますが、ここでは手軽に泡立てる方法をいくつかご紹介します。

  • ミルクフォーマー
  • 泡プレッソ
  • ミニホイッパー
  • 小さい耐熱ビン

上から順に、手間がかかるものです。ご自身に合ったものをお選びください。

1のミルクフォーマーは、100円ショップでも手に入るアイテムです。

温めたミルクに差し込んで使い、回転部がきめ細かい泡を作り出してくれます。

2の泡プレッソは、上でもご紹介した手動での泡立て器です。

マグカップで泡立てて、そのままラテを楽しむことができます。

3のミニホイッパーは、小さな泡立て器です。

少し手間がかかりますが、1分ほどで細かい泡が作れます。

4の耐熱ビンを使った方法は、一度温めた牛乳を入れてとにかく振る方法です。

泡立ったあとはフタをあけ、レンジで30秒ほど温めると消えにくい泡ができあがります。

気になるものがあれば、ぜひ試してみてください。

まとめ

コーヒーの泡はおいしさの証です。

エスプレッソやドリップなど違いはありますが、いずれも豆から出る炭酸ガスがおいしさの目安となります。

コーヒーの泡について詳しく知った上で泡を見れば、前よりもおいしく楽しめるようになるでしょう。

また、お手軽に泡コーヒーを作ることも可能です。

いつもの自宅で飲むコーヒーがちょっぴりリッチになるので、ぜひとも試してみてください。

目次
閉じる